円山公園は、中央区宮ケ丘に位置し大通公園・中島公園とともに札幌を代表する公園のひとつです。この公園は、円山の麓に広がる約70haの広大な広さで北海道神宮とも隣接しており、園内には、[動物園][野球場][陸上競技場][テニスコート]などの運動施設も完備しています。公園全体が緑に包まれ、国の天然記念物に指定されている[円山原始林]や[円山]への自然歩道など自然を満喫できる環境です。[円山動物園][円山球場][円山陸上競技場]については[エリア情報 宮ケ丘]]で紹介します。(北海道神宮は、同じ宮ケ丘ですが円山公園の中には含まれていません)。

円山公園の歴史


明治2年開拓使による札幌本府建設にあたり、開拓使判官島義勇は[コタンベツの丘(円山の丘)]から街づくりの構想を練ったと伝えられていますが、その場所は現在の円山公園の原始林入り口と道路を挟んだ反対側の一隅のようです。この時期と相前後して明治4年には円山の山麓に[札幌神社(現北海道神宮)]が造営されています。また、明治13年には、北海道における最適な樹木の植栽を図る目的で[円山養樹園]が設けられました。
写真は、当時の養樹園の様子です。所蔵 北大付属図書館
この養樹園はその後明治34年に上川の神楽村に移転しましたが、この跡地を公園にする計画が具体化し明治36年に当時の札幌区は、御料地であった養樹園跡地を公園予定地として借り受ける事になり明治41年から整備が進められました。円山公園が今日のように札幌を代表する公園として名声を博するようになった大きな要因となったのが大正13年の札幌市電の円山公園までの延伸でした。下記の写真は、昭和5年5月花見客で賑あう市電円山公園停車場の様子です。この当時は[円山公園]が終点で[琴似街道][円山3丁目(現在の西24丁目)[西20丁目]と続いていました。所蔵 札幌市交通局


養樹園の跡地である坂下グランドの南側一帯は巨木が生い茂る林で、慰霊碑・記念碑・句碑などが点在しています。遊歩道を西に進むと[円山原始林]入り口と円山登山口です。

大正3年、円山村開拓の功労者である上田万平・善七兄弟によって円山登山道が開かれました。標高226mの円山登山道は、ここからと別に原始林の木道を進み動物園側に右折する処にもあります。上田万平・善七は登山道の完成を機にここに大師堂を建立し、この登山道に沿って八十八観音を建立しました。写真右は、大師堂境内に設置されている碑と仏像です。


左図は山頂に建立されている[山神碑]です。青木由直著[札幌の秘境]によるとこの碑は、円山が石材の切り出し場であった頃、危険な石切り作業に従事していた石工達によって作られたものである。碑の文字の揮毫者はわからず、開拓使の高官との話が伝わっている。円山の石切り場が廃止され碑は埋もれたしまっていたところ昭和21年掘り出され基礎工事が行われ現在の姿になっている]。因みにこの碑を発見されたのは大師堂の世話役をしていた須藤与八さんと言う方だそうです。
(註) 小生登山はドクターストップなのでこの写真は、円山にお住まいのJ・Sさんからお借りしました。
原始林入り口からは木道が整備され天高く聳える巨木の間を進みます。この木道の最終地点は[円山動物園]です。



原始林から動物園前に出て[南1条通]を西進すると、[藻岩山麓通(札幌環状線)]です。ここから動物園沿いに[ユースの森]が続いています。


森の中の切り拓かれた道を戻り再び[南1条線]を下ります。左手に総合グランド、円山球場を右手に動物園が見えます。途中から北海道神宮の境内に入り北1条宮の沢通から南1条通まで広がる[自由広場]に到着です。



円山公園の春

円山公園の秋