円山の歴史年表(明治から昭和まで)



明治3(1870)

酒田県より3090人が入植[庚午三の村]と呼称

明治4(871)

[庚午三の村][円山村]に改称、札幌神社仮本殿竣工

明治5(1872)

札幌神社第二鳥居建立

明治7(1874)

[山鼻村]誕生

明治13(1880)

円山山麓に[養樹園(現在の円山公園)]設置

明治16(1883)

[養樹園]道路(現在の南1条西25丁目以西)開通

明治20(1887)

藻岩山登山道開墾

明治23(1890)

[養樹園]が御料地に編入される

明治27(1894)

[滝ノ沢地区(現在の円山西町)に入植者の定住始まる

明治28(1895)

第一鳥居建立

明治30(1897)

双子山に初の開墾者5戸が入植

明治39(1906)

円山・山鼻両村が合併して[藻岩村]誕生

明治40(1907)

円山公園の設計開始

明治43(1910)

藻岩村役場が養樹園から現在の南1条西24丁目に移転

大正2(1913)

[札幌神社]の全面改築落成

大正3(1914)

円山原始林に登山道を開き八十八観音像を安置

大正4(1915)

円山・藻岩山が原生保安林に指定

大正5(1916)

第三鳥居(裏参道鳥居)建立

大正9(1920)

神宮通(現在の北1条西20-24丁目間の道路開通

大正10(1921)

円山原生林が天然記念物に指定される

大正12(1923)

路面電車が円山公園まで延伸

大正13(1924)

界川地区に温泉(札幌温泉)開業

昭和16(1941)

円山町が札幌市と合併

昭和27(1952)

円山動物園開園

昭和38(1963)

札幌神社を北海道神宮と改称

昭和48(1973)

市電円山線廃止

昭和49(1974)

札幌郵便貯金会館(現在のクラス)開館

昭和51(1976)

地下鉄東西線開通

戻る