現在北海道神宮へは、地下鉄東西線[円山公園駅]からのアクセスが主流ですが、北海道神宮の前身である札幌神社が創建された当時は原始林の中に社殿があり、そのため札幌市内に[遥拝所]が設けられました。写真は、創建当初の札幌神社です。所蔵 北大付属図書館



写真は、中央区南2条東3丁目の[北海道神宮頓宮]です。この社がかっての
遙拝所でした。
遙拝所は1878年(明治11年)現在地に建立され地域の住民はここから札幌神社(現北海道神宮)を遙拝していました。この頓宮も1901年(明治34年)に失火により全焼しましたが、その後1910年には北海道神宮の大造営による旧材で現在の社殿が造営されました。このときに[頓宮]と称せられる様になりました。毎年の北海道神宮例大祭(札幌まつり)の御神輿もお休みになる場所です。

[表参道]と[裏参道]                   

かって札幌神社一帯は原始林で、現在の北1条西25丁目以西は道路もない農作地でした。札幌神社に通づる道路といえば現在の南1条通から西進して円山養樹園内(現在の円山公園)の道路が唯一の参道でした。


現在札幌の中心部から北1条宮の沢通を西に進むと西25丁目を過ぎた場所に巨大な鳥居が建っています。この鳥居は1895年(明治28年)北海道神宮第一鳥居として札幌軟石で建てられましたが、1928年(昭和3年)に外側に銅板を巻いた高さ8.7mの鉄筋コンクリートに生まれ変わりました。明治から大正初期まではこの一帯は耕作地で、大正時代に入ってからは野菜を生産して札幌市民に供給していました。大正9年に、神社社殿から札幌市街までを真っ直ぐに結ぶ道路の新設が計画され、これまで耕作地だった西20丁目から西24丁目のこの鳥居迄の300間に幅11間の道路を造成して[札幌神社参道]としました。

また、この道路完成を記念して北1条西4丁目に社号石標が建立されました。北1条西11丁目からここまでが[北一条通(国道230号)]で、西11丁目以西は[北1条宮の沢通]です。
下図は、北1条西20丁目から北海道神宮までの町並みです。ここが[神宮通]で通称[表参道]と呼ばれています。
上段左 北1条西20丁目
上段右 北1条西25丁目
二段目左 第一鳥居から神宮方向へ
二段目右 西27丁目付近
三段目左 元札幌市長公宅跡(現円山公園*公園の碑・像の項で紹介)
三段目右 円山公園入り口
四段目左 円山公園沿い
四段目右 北海道神宮第二鳥居前





[円山朝市]の名残をとどめる[まるやまいちば]の閉鎖
[円山朝市]の変遷については[円山の歴史]で紹介しましたが、その後の時代の流れの中で、昭和41年(1970年)には、大正7年以来の木造市場(北1条西24丁目)の隣(大通西24丁目)に新しい鉄骨造りの市場を新築して37店舗で営業を続けてきましたが2010年閉鎖しました。