東繁造君学勲碑

東繁造は、大正9年(1920年)夏、当時の東大教授三田定則の門下生として血液の鑑別方法を研究、それまで鑑別しにくかった人間と家畜類の血液を早く確実に見分ける科学的識別法に成功、この方法は恩師と自分の名をとって[三田\東法]と名時けた。この碑は、当時の東大名誉教授古畑種基らにとって新琴似神社境内に建立された。
(註)北区歴史と文化の八十八選案内ボードより引用)