花岡神社[南区簾舞19番地]

標柱鳥居
 国道230号を簾舞地区に入ると230号とは別に簾舞小学校前を定鉄路線バスが
 走っていますが[花岡神社]は[簾舞小学校前]停留所の直ぐ側にあります。

石段を登ると境内の奥に社殿が鎮座しています。社殿は、神明造りで11.8坪です。ここには[大己貴神][応神天皇][大山祇神]が奉斎されていますが、創建は、1882年(明治15年で、前身は[八幡神社]と称していたようです。現在の社殿は、1968年(昭和43年)に改築されたものです。


記念碑

成墾紀念碑
[嘉禾是豊 成墾紀念碑]
簾舞の本格的な開墾の原点である[北大第四農場]の開墾を記念して、1909年(明治42年)7月に建立されたものです。簾舞地区は、1884年(明治17年)札幌農学校の用地となり、その後1895年(明治28年)北大第四農場となりました。
農場開場35年記念碑
[記念碑]
北大第四農場開場35年を記念して、1926年(大正15年)10月に建立されたものです。 
開基百年記念塔
[開基百年記念塔]
簾舞は、黒川清五郎さんが最初の入植視者で、入植当時は、旧豊平町大字平岸村字ミスマイで、[簾舞]は、アイヌ語で[ニセイオマツプ(渓谷のある川)]と呼ばれていましたが、1872年(明治5年)漢字で[簾舞]と表示されるようになりました。

花岡公園花岡公園














 神社の境内は小高い高台にありますが、バス路線と反対側は[花岡公園]です。
 遊技施設なども備え付けられており、地域住民の安らぎの場所でもあります。

旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)
標柱標柱














 [花岡神社]のバス路線上に[旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)]が静かに佇んで
 います。この建物は、1871年(明治4年)に札幌-有珠間に通ずる[本願寺道路]
 が開通された事に伴い、翌1872年に旅行者や開拓者の休憩、宿泊の為に設けら
 れたもので、開拓使は、当時函館軍川(いくさかわ)の通行屋であった黒岩清五
 郎さんを簾舞通行屋に指名して移住させました。
 現在札幌市指定の有形文化財です。