大友亀太郎像
札幌村郷土記念館
[札幌村郷土記念館]の正門です。かってはここに村役場があったそうですが、往事の原野とはうつて変つて現在は地下鉄東豊線[環状東駅]を降りるとすぐ近くの住宅地の真ん中にあります。展示室は1階と2階にあり、札幌村のタマネギ栽培に関する資料や、大友亀太郎の資料などが多く展示されています。
大友亀太郎像

現在の[札幌村郷土記念館]のある場所はは、かっては大友亀太郎の役宅があった場所です。記念館の前庭に左の様な石碑が建立されています。大友亀太郎の役宅は、1867年(慶應3年)に建てられたものでこの碑は、1986年(昭和61年)に建立されました。

札幌玉葱記念碑

同じ前庭に[札幌タマネギ記念碑]があります。碑には[我が国の玉葱栽培はこの地にはじまる]と刻まれており、台座の説明文には次のように記されています[日本の玉葱は明治4年開拓使が米国から種子を輸入して札幌官園で試作した後、多くの苦心が重ねられた。明治30年代には札幌村に始まった玉葱は次第に近村に広がり篠路、白石村を含めた大産地となる。札幌特産として全国に出荷されるばかりでなく、広く外国にも輸出されてその名声が一段と高まった]。
札幌村郷土記念館 札幌市東区北13条東16丁目  011-782-2294
札幌村郷土記念館は、地下鉄東豊線[環状通東駅]から徒歩3分の場所にあります。環状通は、市営バスの定期路線で、交通量も多く、大変賑やかな通りです。
記念館の周辺には[大友公園][大覚寺][本龍寺][札幌神社]など札幌村に縁の深い建造物が点在しています。



大友公園


本龍寺の妙見堂


大覚寺の山門


札幌神社



  画像をクリツクしてください。